呂祖誕!

今日は2013年5月23日、陰暦では4月14日。さて、何の日でしょう。……答えがすでにタイトルになってますけど。
八仙が一人、呂祖こと呂洞賓の誕生日です。
絵付きなので詳細は続きから。


八仙の存在を知ってから、誕生日に絵を描きたいと思ってたんですね。何故一枚もないのかって? そりゃ毎年忘れるからですよ(おい)。他の神仙もしかり。封神演義読んだばかりでアツい時に一度太乙真人描いたくらいかな……あと去年哪吒くんを描こうと思ったけどうまく描けなくて頓挫したっけ(遠い目)。陰暦なので、気づくと過ぎてるんですよ……
そんな御託はおいといて、本題の絵を。どーん。

呂祖誕!
「俺の誕生日を祝ってくれるのか? ありがとう」

八仙全伝(例の香港八仙ドラマ)観て、こういう洞賓もいいな~とか思いながら線画描いた記憶が。全然反映されてないけどね!(爆)
エピソード見てると真面目に弟子をスカウトしてたり妖魔を調伏してたりもするんですが、規範や運命に反抗してみたり、うっかりやらかしちゃったりする話もあるので……ね。しかし何故こんなにチャラくなったんだろう……
いつもは青の道服のみなのですが、誕生日ということで上に黄色い袍を重ねてみました。
何故黄色かというと、文献でよく黄色い袍という記述があるからです。『東遊記』などでは「黄色い袍を好んで身に着けていた」みたいな記述があった気が……(うろ覚え)
髪の色と被る上、画像検索してみると高確率で青を着てらっしゃるので、ここでも青の道服にしているんですが、青か黄色かで一時期迷ってました。青の袍の上に黄色の袍という絵もあるので、こういうのもアリじゃないかな……と。
……結果はご覧のとおりです。やっぱり金髪に黄色は結構きますね……かといって黒髪に変更するにも似合わなくて。あんまりやると他のキャラと被るし。
公元とは中国語でいう西暦のことらしいです。今年は癸巳だったのね。日本だったら皇紀や平成が使えるのですけども、中国には現在元号がないはずなので、十干十二支表記で。台湾には民国紀元なるものがあるようですが……まあいいや。
以下、どうでもいい反省会

一発で判ると思いますが、やっぱり手がおかしい……(苦笑)そして自分で描いておきながら背景のなげやり加減が何ともいえない。連環画の画像でも見て描けばよかったなぁ……
今回、線画を下書きはアナログ、線画はデジタルでやりました。自分、男キャラはデジタル線画で描いた方がまだうまくいく気がする……目が小さいからですかね。アナログだとサイズ小さめで描いてしまうので目がつぶれる。
色塗りはマーカーをメインに使ってみました。いいですねマーカー、最初は使いづらくて「こんなもんで色伸ばせるか!」と敬遠していたのですが、そうか……透明色にするとツルッと伸びるんだ……
鉛筆ツールで影つけして、マーカーで適当に伸ばすというのがよくメイキングに載ってますが、何度かやってうまくできないので最初からマーカーを使ってみたんですがどうでしょう。ちょっとは支部のステキな絵師様に近づいたか……? ……どう見てもそれ以外に原因があるわな。このイモっぽさは。

☯おまけ☯

誰もあんたの誕生日なんて祝ったりしないわよ
何仙姑「誰もあんたの誕生日なんて祝ったりしないわよ」

なんて言いながら後でちゃんとお祝いの品を渡してたりして。うちの何仙姑さんは何故かツンデレ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です